Top message

トップメッセージ

UNIVERGYの使命

私たち人間は200年近く、石油、石炭、天然ガスなどによる化石燃料を用いて社会生活の発展を遂げてきました。
しかしながら化石燃料はあと数十年で枯渇するとされており、また地球温暖化などの環境問題を引き起こす原因でもあります。ここからみても化石燃料に依存したエネルギーモデルは終焉の段階に近づきつつあることは皆さんもご承知のとおりだと思います。
ユニバージーグループは、2012年の創業当初よりこの点に着目し、太陽光、風力、水力など自然の力による再生可能エネルギーを用いた新たなエネルギー開発の普及に貢献してきまいりました。これまで日本国内においては1GW、海外では世界19か国で2GWを超える発電所の開発を行い、その数を着実に増やしております。
現在では、発電所の開発だけでなく、持続可能なエネルギー開発を促進するべく、「新電力事業」や「営農型太陽光発電事業」、「住宅用発電事業」等をスタート致しました。クリーンエネルギーの使用が当たり前の世界になるよう活動しています。
私達は、2022年までに、現在 私達が有する5.3GWというパイプラインを日本だけでなく海外を含め2倍に増やすことを目標に掲げて、再生エネルギー開発事業に取り組んでいます。また、現代の皆様の多様な生活様式や市場の要求に即し、遅滞なく対応してゆきながら、さらに皆様から求められるサービスを分析し、身近な自然環境の中にある天然源を利用するクリーンで持続可能なエネルギーを発展させてゆきたく、様々な形で実現しながらこれからも提供し続け、皆様の日々の生活に貢献してまいりたいと思います。

代表取締役